,

【閲覧注意】落雷で死亡した作業員の男性


撮影場所は南米のどこか。
落雷の直撃によって死亡したとされる作業員の男性。
作業中だった為かどうかはわかりませんが、口にペンチを挟んだまま絶命している。
弔う者、パシャる者、同僚たちの反応は様々。

グロ成分は控えめ。

※閲覧注意

2
1

【動画】


8 Comments

Leave a Reply
  1. もう・・あれほど私ダメって言ったのに・・
    ピカチュウのしっぽ引っ張ってピカチュウ怒らせるからっ・・・・私何も知らないから・・(¬_¬)

  2. ペンチは電撃による筋収縮で舌を噛まないように咥えさせただけだ…ズボンが焼け焦げ作業ブーツが焼損している…落雷が右足脛部位に穴を開けて抜けたいる点などから落雷は地表で腹部に受けた事を表す…決して電気工事の最中の感電事故などでは無い…
    高電圧感電事故ならば肘などに通電焼損(ジュール熱損傷)を起こし見た目に焼け焦げた穴が発生する…これは体内を通電した電流が逃げ場所を求め最終的に人体の負荷が大きい箇所(主に肘、膝、踵)で外部に放電してしまうからだ(離脱電流)…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。