,

【動画】エアレースの選手、ギリギリのところで首チョンパを免れる

9月18日、アメリカ・ネバダ州で行われたエアレースでの出来事。
トム・リチャードなる選手が、レース開始直後エンジントラブルに見舞われ滑走路上に立ち往生。
彼はトラブル発生を伝える為、キャノピーを開けて手を掲げていた。
だが、その後方からは離陸しようとしていた後続機が迫ってきていた。。。
幸いにもリチャード選手は手に軽い怪我を負っただけで済んだが、後続機の翼があと数センチ下にあったら、恐ろしい事故に発展したに違いない。

1 2 3

【動画】

10 Comments

Leave a Reply
  1. 飛行機が後ろから迫って来たとき「おい 危ないぞ 来てるよ 後ろだよ 後ろを見ろよ 後ろを」って画面に向かって言っていた・・
    いや~本当に馬鹿ですね私は・・聞こえる訳がないのに・・無事で良かった!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。