,

【閲覧注意】バスに頭部を踏まれたノーヘルバイカー、不可思議な破け方をする

東南アジアで発生したとされる交通事故。
バイクとバスが衝突し、バイクを運転していた若い男性が即死した。
男性はヘルメットを着用しておらず、バスにその頭上を通過されたという。
ただ、頭部は無茶な破け方をしており、ヘルメットの有無は関係ないほどの負荷が加わったものと推測される。
グロ成分は高め。

【画像】
※閲覧注意

1
2
3
4

20 Comments

Leave a Reply
  1. 頭さえ轢かれてなければ助かったのかな?
    後頭部だけ見てたらびっくりしました。
    意外と歯が無事なんでさらにびっくりです。

  2. 割れたと言うより破裂した感じ
    最後の画像は口からしてこっち見てる状態でベロリとベルト状に伸びてるのが顔だった物か

  3. 彼が生前、臓器提供意思表示カードに提供承諾していて、首から下の臓器が無事なら、直ちに作業に取りかかるのでしょうか。
    それとも、事故による脳死の場合だけなのでしょうか。

    • まずは死亡認定(即死及び脳死判定含む)
      される事が第一です。
      事故現場での摘出は認められてませんので、
      該当病院到着の後の死亡確認後になります。
      さらに、臓器にはそれぞれ虚血許容時間
      (摘出から血流再開までの無血状態)と、
      搬送許容時間があり、その時間を超えると
      判断されるものは移植対象臓器から外され
      ます。対象ドナーが遠方にある場合は
      難しいという事ですね。
      あと事故の状況にもよりますが、臓器の
      うち肝臓は血流停止後もっとも早く腐敗が
      始まるため、事故=臓器提供には適して
      いないのが現実です。

      • 無さん、教えてくださりありがとうございます。
        路面の血が乾いていなかったので、まだ臓器類は新鮮かと思いましたが、医療の力でリカバリー出来ないほど、既に腐敗は始まっているのですね。新鮮な再利用可能な臓器のでどころが限定される移植って、本当に難しいのですね。条件は、病院へ搬送(判定のため)+脳死(血流があるため)、なのだと知りました。今年もよろしくお願い致しますm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。