,


【画像】ブラジル、日光によって焼かれた村民たち


ブラジル、人口約800人の農村アララス、この農村で近年深刻な問題が発生している。
色素性乾皮症とよばれる疾病を発症する人々が増加しているのだ。
この病気は遺伝的なもので太陽光の紫外線に対し皮膚が過剰に反応、火傷のような症状が表れる。
さらに紫外線がDNAを破壊し細胞の修復を出来なくし、その結果皮膚の細胞が癌化、重症化すると患部が壊死して崩落する。
この疾病は100万人に1人の割合で発症するとされているが、アララスには既に20人の患者が確認されている。
専門家の話ではこの村には元々少数の村人しかおらず、近親相姦が繰り返し行われてきた。
その中の1人にこの病にかかりやすい遺伝子を持った人物がおり、その遺伝子が脈々と受け継がれてきた可能性が高いと指摘する。
顔面の一部を失った人々はそれを補う人工のパーツを装着した生活を余儀なくされている。

【画像】

wqref
eveee
tbre
erfe
evrew
evev
ervretb
ybees
wqerfg
rtge
wwre


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。