,


【画像】死者の為のメイクアップアーティスト


アメリカ人男性イザヤ・オーエンス。
彼は5歳のとき、叔母の葬儀に参列、初めて遺体を目にした。
彼女の安らかな死に顔を見て、死化粧の仕事に興味を持ち始めたといいます。
1969年、イザヤはニューヨーク市にある葬儀サービスのアメリカアカデミーマカリスター研究所を卒業した後、自身の事務所を設立、それから46年もの間、死化粧師として働いています。
彼は「死者がまるで楽園にいるかのような表情を作り、遺族を安心させることが私の仕事です。」と語った。

【画像】

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15


One Comment

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。