,

SF映画にでてきそうなカッコイイ9mmピストル「マキシム9」が公開


1:2016/01/26(火) 14:19:35.53 ID:

サイレンサーコ社、近未来的デザインの試製9mmピストルを公開サイレンサーコ社(SilencerCo)は、ラスベガスで開催されたSHOT Show 2016にて、サプレッサー内蔵型ピストル「マキシム9」を公開した。

近未来的なデザインで、SF映画に登場するかのような外観だが、まだこれは試作品であり、参加者は試射を許されず、同社の担当者によりデモンストレーションが行われた。

同社の営業担当者であるジェイソン・シャウブル氏は、「これは世界初のサプレッサー内蔵9mmピストルであり、どの9mm弾を使用してもヒアリング・セイフな(銃声で聴覚にダメージを与えない)銃だ」と述べている。
初めてマキシム9が一般に公開されたのは、昨年九月のことだったが、そこではバージョン1が展示された。しかし、今回展示されたのは、バージョン2である。同担当者によると、バージョン2の外観は実際に市場に出るモデルに最も近いという。

試作品ということもあり、展示されたマキシム9のフレームは、3Dプリンターで成型されたものだった。
S&W M&Pピストルをベースとしており、グロック17のマガジンが利用されている。また、サイトもグロックと互換性があり、セイフ・アクション・トリガーを装備するなど、S&W M&Pをベースにしているとはいえ、グロック色が濃いように窺える。
スライドストップは、両側に配置されたアンビ設計であるため、左右どちらの手でも扱えるデザインだ。
3.5インチ・バレルを装備しており、これは固定式のフィクスド・バレルとのことなので、命中精度の高さを期待させる。

内蔵型サプレッサーは、同社のショットガン用サプレッサー「Salvo 12」や、「オスプレイ・マイクロ」と同様に、着脱バッフル方式を採用している。
これにより、ユーザーの好みによってバッフルの数を減らし、全長を短縮させることも可能だ。また、将来的にはライトやレーザーサイトといった、アクセサリーが搭載できるよう開発が進められている。

マキシム9が市場に登場する時期はまだ未定だが、今年中を予定している模様。価格は、1,500~2,000ドル(約177,500~236,600円)になると予想されている。

d57dbf8a.jpg

2:2016/01/26(火) 14:20:52.47 ID:

以下ドミネータ禁止

3:2016/01/26(火) 14:21:11.94 ID:

どう見てもドミネーター
jj

5:2016/01/26(火) 14:26:13.94 ID:

思ったほどかっこよくない

6:2016/01/26(火) 14:28:43.81 ID:

ちっちゃすぎて当てるのすごい難しそう
まあ護身用なんだろうけど

27:2016/01/26(火) 15:34:03.59 ID:

>>6
護身用にサプレッサー付とか映画館勤務か

7:2016/01/26(火) 14:32:25.10 ID:

100均で売ってる音だけのおもちゃのピストルとそっくり

10:2016/01/26(火) 14:35:28.53 ID:

ロボコップが持ってた奴だろ

13:2016/01/26(火) 14:49:24.40 ID:

ものすごく中二デザインでワロタ

20:2016/01/26(火) 15:03:56.23 ID:

でかっ

21:2016/01/26(火) 15:04:47.36 ID:

センスが90年代

22:2016/01/26(火) 15:06:08.32 ID:

>>21
最高の褒め言葉じゃないか

23:2016/01/26(火) 15:10:37.91 ID:

サプレッサーて暗殺以外の使い方あるの?

25:2016/01/26(火) 15:24:58.33 ID:

悪魔召喚できそう

26:2016/01/26(火) 15:29:18.64 ID:

バレルがでかすぎて照準下がりそう

30:2016/01/26(火) 19:19:03.42 ID:

手元が普通にグロックっぽくておもんない

9:2016/01/26(火) 14:35:00.81 ID:

ゴールドブレンド買ってこいっつったのにマキシム買ってこられたらキレるよね

One Comment

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。