, ,

【グロ注意】毒グモに噛まれた太もも、壊死を引き起こす


イギリス・ケント州オーピントン在住の40歳男性リチャード・スティーブンスは昨年の12月初旬の朝、太ももに出来た虫刺されに気がついた。
彼は自然に治癒するだろうと考え、ほったらかしにしていたが、8日後には患部は炎症を起こし、足を引きずらなければ歩けないほどの激痛が走った。
流石におかしいと思ったリチャードは病院へと赴き医師の診断を受ける。
診断の結果、ゴケグモと呼ばれる毒をもつ小型の蜘蛛に噛まれた事が原因だと判明、既に患部は壊死が始まっていた為、すぐに手術を受けた。
現在、噛まれた箇所は快復したが傷跡が残ってしまったとの事です。


切除後、彼は空いた穴に詰められたガーゼを交換する様子を撮影していた。
その映像がグロすぎるとして一部で話題となりました。

【画像】

2
6 7
1
5
8
3 4

【動画】

http://www.thesun.co.uk/sol/homepage/news/7069411/Stomach-churning-footage-shows-man-left-with-huge-hole-in-his-leg-after-spider-bite.html


5 Comments

Leave a Reply
  1. 爪楊枝がスッポリ入るんじゃないかっていうくらい深く壊死してて草生えない
    ケチャップとマスタードみたいな血と膿のハーモニーが吐き気を誘うゾ…

  2. 日本にもセアカゴケグモがおるよな。
    同じゴケグモやし、あいつらに噛まれてもこんなんなるのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。