,

【画像】イケメンのパパ、細菌感染でげっ歯類の様な容姿に

Alex Lewis

2013年11月、イギリス・ハンプシャー州のストックブリッジで大衆酒場を営んでいた35歳の男性アレックス・ルイスさんは風邪を引いた。
特に有効な処置をせず2週間が経過したとき、彼は全身に現れた斑点に驚愕した。
すぐさま病院で受診したルイスは「連鎖球菌毒素性ショック症候群」と診断された。
これは細菌性感染によって引き起こされる、極めて重篤な疾患です。
既に敗血症と毒素性ショック症候群を引き起こしていた彼のほぼすべての臓器は機能が極端に低下しており、医師はルイスの生存率は3パーセント程度、回復は難しいと告げられたという。
彼はその後、約1週間生死の境をさまよったが、奇跡的に回復する。
しかし、壊死により四肢の大部分を切断、唇、鼻なども切除する事となった。
ただ、体のあらゆる箇所を切断したショックよりも、一番こたえたのは息子の反応だったとの事。
やはり手術で大きく容姿の変わってしまったルイスに最初の頃は中々懐かなかったと言う。

2 3 5

四肢を失って2年、彼はリハビリを欠かさず行っている。
そして、愛する息子とずっと支えてきてくれた奥さんとの関係もこれまで以上に強くなったという。
ルイスは語った。「感染症で不便な身体になって辛かったけど、僕は愛する家族に囲まれて幸せだった。」

1 4 6 8

【動画】


4 Comments

Leave a Reply
  1. あんなちっこい菌が体を蝕み、手足をもぎ顔を削ぐような事になるなんて恐ろしいゾ…
    風邪引いてほっといたらこんな事になるなんて恐ろし過ぎんよ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。