,


【閲覧注意】聴診器装着型の頭部


5月21日から22日にかけてブラジル・セアラー州にあるカウカイアとItaitingaの2つの刑務所内で囚人同士の暴動が発生。
この暴動で2つの刑務所合わせて14人の囚人が殺害されたとの事。
発端は囚人間の対立、紛争から生じたもので、23日にはそれぞれ鎮静化されたという。
被害者の一人は斬首され、頭部は聴診器を装着された状態で発見された。

【画像】
※閲覧注意

6586
3
2
1


6 Comments

Leave a Reply
  1. 聴診器つけたまま、大きい音だされるとすごく耳が痛い記憶があるので、おそらく軽いいじめ拷問を、受けながら殺されたんでしょうかねー、、。

  2. 手、手の平、前腕に損傷が見当たらない事から抵抗痕が無いと言える…両手小指第二関節部の皮膚の破れたような小さな傷…結束バンドで両手小指を縛り頭部切断を行ったと予想…遺体の頸部切断面からナイフ状の刃物で頸部を回ってゆくように切断されたのだと思う…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。