,

交通事故が起きても人類で唯一生き伸びることができる人物「Graham」


1:2016/07/22(金) 18:40:52.13 ID:

移動や輸送に便利な自動車でも、いざ事故が起こってしまうと怪我をしてしまったり、場合によっては命を落としてしまうこともあります。
人間の体は自動車事故に耐えるようには作られていないのがその理由のひとつではあるのですが、それでは実際に人間が自動車事故に耐えられるように進化したら?というテーマで生みだされたのが、架空の人物「Graham(グラハム)」です。
Meet Graham
http://www.meetgraham.com.au/
Road safety: confronting sculpture shows human vulnerability to crashes | World news | The Guardian
https://www.theguardian.com/world/2016/jul/21/road-safety-confronting-sculpture-shows-human-vulnerability-to-crashes

これがGrahamの全貌。下半身は比較的ヒトに近くなっていますが、頭部や首、そして上半身の胴回りなどはすこしギョッとしてしまうほど特徴的な見た目になっています。
dcf5af2b.jpg

頭部を横から見ると、首がまったくなく、鼻、耳たぶもなくなっており、額が大きく突きだしています。これは、事故の際に最初に激突して怪我をしてしまう部分が退化して、頭全体を守るように進化したもの。
44ac2922.jpg
さらに頭蓋骨の断面を見ると、間に空洞を挟んだ二重構造になっています。これは事故による衝撃を吸収するための構造で、
よく見ると脳と頭蓋骨の間にも空間があり、事故の際に生じる大きな衝撃を吸収して脳挫傷などを発生させないようになっている模様。
550b9b8a.jpg
顔を斜め前から見ると、顔の主なパーツが凹みに入っているような状態になっているのがわかります。これももちろん、事故による衝撃から大事なパーツを守るための「進化」。
f9df62d6.jpg
皮膚の下には脂肪がびっしり。脂肪がクッションの役割を果たすことで、エネルギーを吸収することが可能。
500aede9.jpg
なかなか衝撃的な後頭部の様子。しかし、その中身はさらに衝撃的。

レントゲンで見るとこんな感じ。首の周りを肋骨のような骨がぐるっと取り囲んでおり、そのまま頭蓋骨をサポートするような構造になっています。
これは、事故の際に力が集中しがちな首をそもそもなくしてしまうことで、怪我のリスクをなくし、神経へのダメージを抑えるため。
胸の周りは、乳房のような凸凹で覆われていて少しグロテスク。
2731d4ca.jpg
この部分にはなんと空気が入るようになっており、エアバッグと同じ働きをすることで、内蔵への衝撃を吸収するとのこと。
事故の際、怪我をする確率が高い部位のひとつが「膝」です。その理由のひとつは、膝の曲がる角度が1方向しかなく、無理な力がかかると折れてしまうため。
そのため、Grahamは膝の関節があらゆる方向に曲がるように進化。こうなることで、歩行時に自動車に衝突されても衝撃を効率よく吸収し、怪我をせずに済むようになるとのこと。
足のスネから下をよく見ると、ふくらはぎの部分に妙なコブがあるのですが……
Grahamはなんとここに新たな関節を持つように進化しています。この関節を大きな筋肉で動かすことで、「てこの原理」を応用して大きな力を生みだし、跳躍力を上げて事故を避けるようになるそうです。
また、いわゆる「弁慶の泣き所」をヒットしても後ろ向きに関節が曲がるため、骨折のリスクも軽減されるようです。
また、Grahamは皮膚そのものも強化タイプに進化。見た目はあまり変わりありませんが……
内部の構造を大きく変化させることで、皮膚組織を強くして外傷を受けにくくなっています。
この「Graham」は、オーストラリア・メルボルン大学の外科医や、事故調査官、アーティストが共同で作成した作品で、ヴィクトリア州の交通安全キャンペーン「Towards Zero」の一環として製作されたもの。
「人間が事故に耐えられようにになったら」という逆説的なテーマを設けることで、事故に対する人間の弱さを明るみにして、安全な交通を心がけることの大切さを訴えかけることを目的にしているそうです。
設計は科学的な根拠のあるものになっており、以下のパンフレットでも解説されています。

Meet-Graham-Educational-Resources.pdf
なお、Grahamは実際のオブジェも製作されており、ヴィクトリア州の施設などで目にすることができるとのこと。
Visit Graham
http://www.meetgraham.com.au/visit-graham
http://gigazine.net/news/20160722-graham/

その他の画像。

6a1374e4.jpg c11c6070.jpg 998b874f.jpg 27cf52a0.jpg 0d5469d5.jpg 484999fc.jpg c6167036.jpg

【動画】

2:2016/07/22(金) 18:42:10.18 ID:

普段の社会生活では死んでる

5:2016/07/22(金) 18:43:45.12 ID:

防御力は求めてない

6:2016/07/22(金) 18:44:05.73 ID:

ただのクリーチャーじゃねーか

7:2016/07/22(金) 18:44:51.18 ID:

強化外骨格でいいわ

10:2016/07/22(金) 18:47:16.82 ID:

「アフターマン」を思い出す
ていうかパクリ
u

12:2016/07/22(金) 18:48:32.77 ID:

交通事故が起きる前に、見かけたら撲殺されるわ

26:2016/07/22(金) 19:05:25.67 ID:

交通事故に特化した体w
日常生活に支障がでまくりだろ

27:2016/07/22(金) 19:09:24.24 ID:

こんな特長があるやつを仮に造り出せても1代で終了だな
これの遺伝子を半分持つ人物を自身に10か月も宿しておいたり
産み出したり養育していきたい女がいるわけもなく

28:2016/07/22(金) 19:09:25.45 ID:

FPSで出てきそう

37:2016/07/22(金) 19:29:48.44 ID:

射殺されて終了

40:2016/07/22(金) 19:34:13.25 ID:

これで生きてても死んでるのと同じだ。

54:2016/07/22(金) 19:50:43.66 ID:

丸大ハムじゃだめなのか?

61:2016/07/22(金) 20:17:32.62 ID:

交通事故でも生き延びられるスーツを開発した方が早い

19:2016/07/23(土) 12:46:15.592 ID:

下半身貧弱過ぎるだろ

27:2016/07/23(土) 12:47:20.924 ID:

なんだお前ら新人類だったのか

26:2016/07/23(土) 12:47:20.401 ID:

北京原人とかが俺ら現代人を見たら似たような印象を受けるのかな?

41:2016/07/23(土) 12:52:15.178 ID:

これ首動かないだろ
防御力上げるより
視野を広くしたり耳を大きくしたりして危険を回避できるように進化しろよ

44:2016/07/23(土) 12:53:37.107 ID:

防御力に特化して5感は劣化しまくってるのな

46:2016/07/23(土) 12:54:56.169 ID:

うちの親父だった

10 Comments

Leave a Reply
  1. 少なくともこの国においては戦後で最も人を殺してきたモノだからな、クルマは。
    私感では、「自動車産業従事者=人殺し加担者」と言っても差しつかえはない。
    クルマ産業がなければこの国はカネにならない(潤わない)から、国はこの手(低脳でも容易に取得できる免許制度 クルマの価格 など)に関しては相当緩めに接しているけどさ。
    タバコのパッケージの肺がん広告みたく、「クルマで交通事故を起こしたらこうなります」と五体バラバラ・臓物体液が飛び出しのグロ画像・動画でクルマ業界自体が広告宣伝しないのはおかしい、と個人的には思う。

  2. 最早人類では無く新種生物…身体構造上の強度はともかく、代謝上の弱点が多そうだ…
    更に気温の急な変化にも身体が追い付いてゆけなさそうだ…それに身体に無駄な空間が無いのは気圧などの変化に身体が柔軟に対応する為で、人類がこの身体に進化した場合、我々が日頃全く気付かない、気付く必要の無い気圧に命が関わってきそうな気がする…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。